ニューバランスのインソールRCP150を購入しました【レビュー】

RCP150 NEWBALANCE

ニューバランスのインソール(中敷)RCP150を購入しました。

3年ほど愛用しているM1400のインソールがだいぶ劣化してきた上、クッション性も落ちてきたので、昔の性能を取り戻すべくニューバランスの純正のインソールからクッション性が高いというRCP150を選びました。

RCP150の特徴

▼RCP150のパッケージ。開封前の状態。

RCP150 NEWBALANCE

▼ニューバランス公式の商品説明より▼
優れたクッション性や踵部の保護性、サポート性を発揮する高性能インソール両足セット。
インソール裏面には、全面にクッション性、反発性に優れたABZORBを採用することで、着地時の衝撃を軽減し離陸時の動きを快適にサポートします。
また、TPUスタビライザーが内アーチ・外アーチの落ち込みを軽減しながら踵骨の周囲を取り囲み、優れた走行安定性を発揮します。

素材

  • 表:ポリエステル
  • 裏:ABZORB(EVA)
  • 踵部:TPU
サイズと価格

  • SS(21.5-22.5cm)
  • S(23-24cm)
  • M(24.5-25.5cm)
  • L(26-27cm)
  • O(27.5-28.5cm)
  • XO(29.0-30.0cm)

価格は1,500円+税

公式の説明から判断すると、

  • クッション性・反発性が良く、着地時の衝撃をやわらげ、離陸時の動きをサポートしてくれそう
  • かかと部分のTPUスタビライザーにより、かかとのホールド感がアップし安定感が良くなりそう

という効果が望めそうです。

自分のM1400のサイズは28cm(USAサイズ10)でしたので、RCP150のサイズは「O(27.5-28.5cm)」を購入しました。購入先はポイントの余っていた楽天市場です。

 

RCP150・開封した状態

▼開封して、インソールを表と裏に置いた状態。

RCP150 NEWBALANCE

▼RCP150インソールの表面、色は黒でスポンジ状の素材です。

RCP150 NEWBALANCE

▼RCP150を側面から見た状態。かかと部分に厚みがあります。

RCP150 NEWBALANCE

▼RCP150の裏面にはABZORB(アブソーブ)という素材が使われています。これがクッション性・反発性を発揮する素材で、触っていると結構硬いのですが、プラスチックのような硬い素材ではなく、強く押し込むと跳ね返りを感じる弾力性があります。

RCP150 NEWBALANCE

▼同梱されている台紙。サイズ調整のためのガイドがあります。大きい場合は自分でガイドの線を参考に切り取って使うそうです。

RCP150 NEWBALANCE

▼ガイドの台紙

RCP150 NEWBALANCE

▼台紙の裏面。ガイドの使い方が書いてあります。台紙の足の形に沿って切り取ることで型紙にし、RCP150と型紙を重ねてはみ出る部分を切り取るという方式です。

RCP150 NEWBALANCE

M1400の標準インソールと比較

ニューバランスのスニーカーの中でもM1400は、1000番代の型番で高い部類に属しており履き心地にも定評がありますが、標準のインソールは意外にもスポンジ状の薄いモノが入っているだけです。

ここにRCP150を装着します。

▼3年愛用しているM1400はだいぶ汚くなっているので、予備で持っているもう一足のM 1400(ベージュ)を使う事にします。

RCP150 NEWBALANCE

▼まだ新品のM1400

RCP150 NEWBALANCE

▼M1400標準のインンソール。以外と薄くペラペラ。

RCP150 NEWBALANCE

▼RCP150(上段)とM1400標準インソール(下段)の表面を並べたところ。

RCP150 NEWBALANCE

▼RCP150(上段)とM1400標準インソール(下段)の裏面を並べたところ。RCP150はABZORB素材を使っているので明らかに見た目が違います。M1400標準のインソールは表も裏も同じ素材です。

RCP150 NEWBALANCE

▼RCP150(上段)とM1400標準インソール(下段)の側面を並べたところ

RCP150 NEWBALANCE

M1400の中敷と交換→問題なく入れ替え完了

▼インソール交換に使ったM1400はサイズ28cm。RCP150はO(27.5-28.5cm)というサイズを使用しました。

RCP150 NEWBALANCE

▼M1400、標準のインソール(色はグレー)が入っている状態

RCP150 NEWBALANCE

▼ここにRCP150を入れ替えます

RCP150 NEWBALANCE

切り取り作業は不要で、問題なくスッポリと収まりました。
→ケース:28cmのM1400に、O(27.5-28.5cm)サイズのRCP150を装着

RCP150 NEWBALANCE

▼RCP150の色は黒なので、雰囲気変わります

RCP150 NEWBALANCE

感想・所感

▼写真は、RCP150に交換した3年愛用のM1400(汚いほう)。こちらを使って履き心地を確かめてみました。

M1400 newbalance

履き心地について

  • 期待通りM1400購入当初の履心地が復活した。もともと足が疲れにくいスニーカーではあったが、さらに性能が増したと感じる。
  • クッション性が向上して、着地時の地面の凹凸を感じるような感覚が軽減した。
  • 反発性があるという事だが、確かに感じる。足が地面について次に上げる瞬間にソールの方から押し上げるような反発を若干感じる。

RCP150の装着について

  • M1400の28センチに、RCP150のO(27.5-28.5cm)サイズを交換した場合、サイズ調整のための切り取り作業は不要だった。
  • ほぼ手間なく簡単に交換できる。カンタン。

RCP1500の購入方法について

ABCマートとか大きな靴屋さんでもあまり取り扱ってはいないようですが、ネット通販であれば、New Balane公式サイトや、楽天・アマゾンでの購入が可能です。

created by Rinker
new balance(ニューバランス)
¥1,650 (2020/09/19 23:11:56時点 Amazon調べ-詳細)

こんな記事も読まれています

RCP150 NEWBALANCE

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

横浜に住む金融系ITエンジニア。 セール情報やキャンペーン情報など、お得な何かを見つけるのが好きですが、溢れるリリース情報を追っかけるのではなく法則性や特徴を捉え、まったり落ち着いて立ち回るのを理想としてます。