一度に8本充電できる 単3・単4電池兼用の充電器 TGX08|古いエネループも無事復活

充電中

単3・単4充電池用の充電器を刷新しました。

以前使っていたエネループの充電器はコンセントに繋いでも充電が始まらなかったり、終わったとおもっても全然充電できていないという事が頻発して、充電池をすっかり使わなくなっていたのですが、防災目的に10年ぶりに充電池と充電器を買い直してみました。

▼今は無きSANYO時代のエネループの充電器

SANYOのエネループ充電器
充電器に求めた条件
  • ちゃんと充電できる
  • どこまで充電できているのか、現在の充電量を表示できる機能がある
  • メモリー効果により性能が落ちている充電池を復活させる機能ある

で購入したのはこれですTGX08」(8本充電用 単3電池/単4電池兼用 ニッケル水素電池用充電器 TGX08)

おおよそ3,000円前後の価格で販売されています。一度に最大8本の単3もしくは単4充電池を充電できます

実際のパッケージの内容

▼外箱は簡素な段ボール素材

▼充電器本体

▼付属品として、一般電源コンセント用のACアダプターの他に、車内で使えるシガーソケット用のプラグの計2本着いてきます。

充電の様子

▼まずは充電池をセット。1番〜8番どこに配置してもOKです。もちろん1本のみの充電も可能。
それぞれ単3・単4どちらの電池もセットできます。

今回は、10年ぐらい前に買った古いエネループ、エネロングをセット。
※メーカー問わず単3・単4のニカド充電池およびニッケル水素充電池なら基本的に充電可能です。よってエボルタとかAmazonベーシックブランドの充電池でもOK。

電池をセット

▼電源アダプターをコンセントに刺すとすぐに充電が始まります。液晶パネルが青色に光って、画面左側に[CHG]というマークが表示されます。これが充電中という意味です。

電源をいれたところ

今回はまずリフレッシュをしてみたい

今回は、古いエネループ・エネロングを復活させたかったので、ここでリフレッシュ(放電させてから充電する)モードに切り替えます。

やり方は充電器右側にあるREFRESHボタンを1秒間長押しすることで[DISCHG]という表示に切り替わり放電モードになります

リフレッシュ

リフレッシュが終わる度自動的に充電が始まる

▼全ての電池の放電が終わると自動的に充電モードに切り替わり、液晶パネルは[CHG]と表示が変わります。

充電中

▼全ての充電池の充電が完了すると、液晶パネルの青い光が消えます。

充電完了

以上。操作方法はカンタン。

10年ぐらい前の古い充電池でも全て充電が完了し動作しました。

使ってみた所感
  • 使い方はカンタン。1回やってみればあとはいつでも直感的に操作できる。
  • 充電池の残り残量が液晶パネルから視覚的に把握できるのが実にベンリ
  • 古い充電池もちゃんと充電してくれて復活してくれた

実は、新しいエネループの充電池を一緒に買っていたのですが、古い充電池が問題なく使えるようになったので、開封せずそのままにしました。充電器だけ買い替えでよかった。。

こんな記事も読まれています

充電中

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

横浜に住む金融系ITエンジニア。 セール情報やキャンペーン情報など、お得な何かを見つけるのが好きですが、溢れるリリース情報を追っかけるのではなく法則性や特徴を捉え、まったり落ち着いて立ち回るのを理想としてます。