【体験レビュー】大原千鶴さん監修「もっとしあわせおせち」を買ってみたよ

家庭画報やNHKの「今日の料理」などメディアでもお見かけする京都の料理研究家「大原千鶴」さん監修の2020年おせち料理「もっとしあわせおせち」をお取り寄せしたので、ご紹介したいと思います。

おせちを監修した大原千鶴さんは、京都の料亭旅館「美山荘」が実家で、子供の頃から実家のまかないを担当ほどの料理の腕前。結婚後は子育てのかたわら、京都を拠点に料理研究家としての活動を続けています。

大丸松坂屋百貨店では2019年おせち料理にて大原千鶴さん監修の「しあわせおせち」が売り上げNo1に輝き、2020年には「もっとしあわせおせち」としてバージョンアップしました。

販売店:大丸・松坂屋オンラインショッピング
商品名:もっとしあわせおせち
品数:44品
寸法:20.2×20.2×6.4cm(奥行×幅×高さ)
分量:4人用
価格:27,000円(税込)

今回の購入ポイント

ここ数年、洋風おせちばかり注文していたので、以下のようなポイントをで購入を決めました。

  • 和風おせちを購入したいが、昔ながらな和風おせちだと子供に人気が無いので、お肉系料理も充実しているもの
  • 家族3〜4人に満足できる量を食べたい
  • 予算は2万円代、3万円は超えない程度で
  • 大原千鶴ファン

 

商品は大晦日12月31日に冷蔵便で届く

▼白い段ボール、冷蔵便で届きます。

▼箱を開けるとまずは巨大な保冷剤がのっかってる

▼次に見えるのは「祝い箸」と大原千鶴さんの写真の紙ですがこれは「お品書き」です。

▼そしてえんじ色の風呂敷に包まれたおせちの重箱

▼風呂敷をほどくと、水引をもした紅白のゴム紐が掛けてある重箱本体が見えてきます。

実際のおせち料理の写真

3段の重箱それぞれの料理の上に、抗菌シートが載せてあります。

一の重(おつまみ)

1.干しエビ紅生姜焼
2.かんぴょう胡麻酢和え
3.田作り
4.鰤かぶらずし
5.たたき牛蒡山椒風味
6.子持ち昆布山葵(わさび)和え
7.菜の花辛子和え
8.黒豆煮(金箔添え)
9.福耳くるみ
10.うずら玉子梅酢漬
11.ピリ辛手綱こんにゃく
12.いくら醤油漬
13.紅白なます
14.ふきのとう味噌
15.梅ちりめん

二の重(お魚メインの重)

16.ホタテ黄身煮
17.トラウトサーモン柚子胡椒添え
18.かぶら甘酢漬
19.青唐たらこ人参
20.子宝炊いたん
21.銀たら西京焼
22.花酢蓮根
23.車海老養老煮
24.ぶりピリ辛照焼
25.ヒイカ肉詰
26.蛸柔らか煮
27.烏賊・よもぎ麩木の芽和え
28.あなご蒸し寿司

三の重(お肉メインの重)

29.赤酢肉団子
30.焼きパプリカ甘酢漬
31.だし巻玉子
32.梅麩33.鶏治部煮
34.どんこしいたけ旨煮
35.牛肉山椒焼
36.茗荷甘酢漬
37.和牛ローストビーフ
38.絹さや煮
39.鳥肝パテ
40.青海苔鶏松風
41.牛肉野菜巻き
42.合鴨ロース黒胡椒風味
43.三枚肉柔らか煮
44.アスパラガス

料理の感想

食べてみた所感です

  • 和風おせちでありながら、お肉のメニューが多めで、幅広い年齢の家族向けになっている。
  • 関東の人間にとっては、ちょっと馴染みのない京風料理。冷蔵保存なのに味付けは薄め(おせち料理自体が、だいたい濃い傾向にあるので相対的に薄く感じる)。そのおかけで素材の味・良さが伝わる。
  • 一の重のおつまみ系メニューにある「子持ち昆布山葵(わさび)和え」「ふきのとう味噌」「たたき牛蒡山椒風味」あたりはちょっと大人向け。子持ち昆布の山葵和えは山葵の粕漬けで和えてるので、これはちょっとお子様にはあまり向かないかも。
  • 海老はちゃんと汁気の乗った美味しい海老でした。殻を向くとスカスカの干からびたヤツに出会すこともしばしばですが、これは問題なし。
  • 4人前の分量とありましたが、家族3人(大人2り、食べ盛りの中学生1人)で、元日のお昼・夕食の2回で食べきりました。十分なボリュームです。
  • 4人前なので、少なくとも四当分に切り分けられており、足りない事は無いようになっている。

 

4人前で27,000円という価格は、百貨店で扱うおせち料理としてはミドルレンジですが、十分素材も味付けにもこだわりを感じ、コストパフォーマンスの良いおせちと感じる品でした。

販売店:大丸・松坂屋オンラインショッピング
商品名:もっとしあわせおせち
品数:44品
寸法:20.2×20.2×6.4cm(奥行×幅×高さ)
分量:4人用
価格:27,000円(税込)

▼関連記事:

大丸松坂屋の人気おせち料理【2020年】取材体験

2019.10.16

「おせち料理」の早期割引・早期購入特典のあるお店【2020年版】

2016.10.06

こんな記事も読まれています

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

横浜に住む金融系ITエンジニア。 セール情報やキャンペーン情報など、お得な何かを見つけるのが好きですが、溢れるリリース情報を追っかけるのではなく法則性や特徴を捉え、まったり落ち着いて立ち回るのを理想としてます。