特典で選ぶコーヒーチェーン店のプリペイドカード比較

コーヒー

2017年9月。スタバでもポイント制度(スターバックスリワード)が導入され、コーヒーチェーン各店のプリペイドカードよる優待サービスが出揃ってきました。

コーヒーチェーン各店では、支払い方法をプリペイドカードに切り替えることでお得にコーヒーを楽しめることを宣伝していますが、具体的どのようにお得になるか整理・比較していきたいと思います。

コーヒーチェーン各店のプリペイドカード早見表

全国展開している主要なコーヒーチェーン各店のプリペイドカード名とその特典内容の概要を表にしました。

店名 プリペイドカード名 カードの価格 特典内容 残高補償
ドトールコーヒー

エクセルシオールカフェ

ドトールバリューカード 300円
(300ポイント付与済みのため実質無料)
チャージ時5%〜10%ポイント付与

商品購入時1%ポイント付与

なし
スターバックスコーヒー スターバックスカード 無料
(購入時1000円以上のチャージが必要)
ポイント制度(スターバックスリワード) あり
タリーズコーヒー タリーズカード 無料
(購入時1000円以上のチャージが必要)
ドリンク類が1杯につき10円オフ なし
珈琲館

上島珈琲店

プレシャスカード 無料
(購入時1000円以上のチャージが必要)
チャージ時に1%〜3%ポイント付与

支払い時に5%ポイント付与

なし
カフェドクリエ カフェドクリエカード 無料
(購入時1000円以上のチャージが必要)
全商品5%オフ なし
プロント プロン党Edy楽天ポイントカード 500円 カード提示でポイント2倍、楽天Edy支払いで3倍 なし
コメダ珈琲 コメカ(KOMECA) 無料
(購入時1000円以上のチャージが必要)
支払時に1%ポイント付与。公式サイトから「金シャチ会員」に登録(無料)すると3%ポイント付与に変わる なし

次に各店のプリペイドカードの具体的なサービス内容を照会します。

ドトールコーヒー・エクセルシオールカフェ

ドトールバリューカード

ドトールのプリペイドカード「ドトールバリューカード」は店頭においてあり、レジでプリペイドカードを買いたいと伝えれば300円で購入できます。はじめから300ポイント入っており1ポイント=1円としてドトールの商品の購入に使えるので実質無料で入手することができます。

ポイントはバリューカードへの入金(チャージ)時に5%、バリューカードで商品を購入した時の購入金額に対して1%貯まるので合計6%分お得です。

なお、チャージ時のポイントは2000円以上のチャージからポイント付与の対象となります。また、年間の購入額に応じでランクが上がりポイント付与率が最初の5%から最大10%までアップします。

ランクと条件 チャージ時のポイント還元率
シルバーランク(最初の状態) 5%
ゴールドランク(年間利用額が2万円以上) 7%
プラチナランク(年間利用額が5万円以上) 10%

ランクは、9月16日から翌年9月15日までの1年間の合計購入金額でランクが決定します。

ドトールのプリペイドカードは還元率6%以上で超お得だった【ドトールバリューカード】

2017.11.19

スターバックスコーヒー

スターバックスカード リザーブ

スターバックスでは以前からスターバックスカードというプリペイドカードを扱っており、キャンペーン期間中なら5,000円チャージする毎にドリンクチケットが貰えました。

2017年9月からは新しいポイント制度「スターバックスリワード」に統合され、スターバックスの公式サイト「My Starbucks」に登録したスターバックスカードで買い物をするとStarというポイントが貯まる制度に切り替わりました。

Star(ポイント)の仕組みは少々複雑で、少なくとも1年以内に2万円以上利用しないと、なにもポイント還元を受けられない為、ライトユーザーには恩恵が無かったりします。

スターバックスリワードとは?→スタバのポイントプログラムです

2017.11.26

但し、スターバックスリワードに登録しておけば、ポイント還元は敷居が高いものの、ドリップコーヒーのおかわり「ワンモアコーヒー」が150円からさらに安く100円で購入できたり、「新商品の先行購入」「コーヒーセミナー先行予約」といった特典が付くのでスターバックスカードを持っているなら少なくとも「My Starbucks」でカードを登録しておきスターバックスリワードに参加だけしておくのも手です。

スターバックカード1つ重要な機能があります。それは「残高補償」機能。万が一紛失しても利用停止の申請をすればそこからの残高は補償され、別のスターバックカードに残高を移し替えることが可能です。

→「スターバックスカード

タリーズコーヒー

タリーズコーヒーカード

プリペイドカードの名は「タリーズコーヒーカード」。特典はとてもシンプルにタリーズコーヒーカードで支払うとドリンク1杯毎に10円オフです。あえて還元率に直すと例えばトールサイズのカフェラテ410円(税込)を買うなら2.4%ほどの還元率に相当します。

また、年数回はキャンペーンで3,000円チャージする毎にSサイズドリンクが1杯無料になるクーポンがもらえます。

→「タリーズコーヒーカード

上島珈琲・珈琲館

UCCが経営するコーヒー店で使える「プレシャスカード」は手軽に高い還元を受けられるカードです。

ポイントはカードへの入金(チャージ)時に2〜5%、カードで商品を購入した時の購入金額に対して5%貯まるので合計7〜10%分お得です。

チャージのポイント付与率5%に達する方法は簡単で1回のチャージ時に3,000円以上入金するだけです。

チャージ額 ポイント付与率
1,000円 2%
2,000円 3%
3,000円以上 5%

→「プレシャスカード

カフェドクリエ

カフェドクリエのプリペイドカード「カフェドクリエカード」もとってもシンプルな特典で、カフェドクリエカードで支払いをすると一律5%オフです。なにも考える必要がありません。

→「カフェドクリエカード

コメダ珈琲

コメダのプリペイドカード「KOMECA(コメカ)」は、支払時にポイントが付与されるタイプです。通常は1%還元ですが、公式サイトでコメカの会員制度「金シャチ会員」に登録することで3%に還元率がアップします。

金シャチ会員はニックネームやメルマガ先のメールアドレスを登録するものでポイント3%還元にアップの他、新商品やキャンペーン案内が届きます。

→金シャチ会員の登録は「コメカマイページ」から

結論「常連は持つべき、但しチャージし過ぎは注意」

プリペイドカードは現金決済と比べるとわずかながらお得であり、常連客になるに連れてお得度が増すように設計されています。

会社や自宅の側にあり、よくコーヒーショップを利用している人はプリペイドカードを作っておいた方が確実にお得です。

気をつけたいのは職場が変わったり、店がなくなったりして贔屓にしているコーヒーショップに行けなくなると、それを機にまったく利用しなくなるというケースがよくあります。プリペイドカードへの残高は多くし過ぎずに、小まめなチャージを心掛けたいです。

こんな記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

ワンペアでしか上がれないから「わんぺ」と名付けられ早や20数年。横浜在住。 セール情報やキャンペーン情報など、お得な何かを見つけるのが好きですが、溢れるリリース情報を追っかけるのではなく法則性や特徴を捉え、まったり落ち着いて立ち回るのを理想としてます。 2017年12月時点で21万PVを超えました。ありがとうございます<(_ _)>