スタバでの買い物、消費税はどう変わった?【2019年10月消費税率引上げ】

消費税

2019年10月1日からの消費税率8%⇒10%引上げによって、スタバ(スターバックスコーヒー)のドリンクやフードの価格はどうなったのかの備忘録です。

本体価格は据え置き

スタバの商品の価格はもともと消費税抜きの「本体価格表示」でしたので、商品購入時の支払い額は「本体価格+消費税」の仕組みは変わりません。

今回の消費税率引上に際し、本体価格は据え置きのまま、値上げは行われませんでした。

そして、消費税は以下のようなルールになります。

スタバ商品の消費税適用ルール

これ↓

商品 店内/持ち帰り 消費税率
ドリンク・フード 店内(For Here) 消費税10%
持ち帰り(To Go) 消費税8%(軽減税率適用
コーヒー豆などの持ち帰り専用の飲食品(オリガミやVIAも) 消費税8%(軽減税率適用
グッズ類 消費税10%
スターバックスカードへのチャージ等の金券類の購入 非課税

ドリンク・フード類の注文時には、レジにて「店内」か「持ち帰り」か聞かれます。これで適用する税率が決まります。

▼「店内」(For Here)の場合⇒消費税10%

消費税率増税 スタバのレシート「店内飲食」のケース

スタバのレシート「店内」のケース

▼「持ち帰り」(To Go)の場合⇒消費税8%

スタバのレシート 持ち帰りの場合

スタバのレシート「持ち帰り」の場合

飲食品の持ち帰りについては、一般的な軽減税率適用の扱いと同じ8%なります。また、コーヒー豆などの持ち帰りしか想定していない商品は初めから消費税8%となっています。

少しでもお得に買うためには

おさらいです。過去記事をまとめました。

▼スターバックス(スタバ)で安くコーヒーを買う6つの方法

スターバックス(スタバ)で安くコーヒーを買う6つの方法

2018.05.04

▼スターバックスリワードとは?→スタバのポイントプログラムです

スターバックスリワードとは?→スタバのポイントプログラムです

2017.11.26

こんな記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

横浜に住む金融系ITエンジニア。 セール情報やキャンペーン情報など、お得な何かを見つけるのが好きですが、溢れるリリース情報を追っかけるのではなく法則性や特徴を捉え、まったり落ち着いて立ち回るのを理想としてます。