MacBookの故障を機にキーボードカバーの必要性を実感した体験

macbookキーボードカバー

こんにちは、わんぺ(@wanpe01)です。

MacBook12インチ用のキーボードカバー「Zaggass. MacBook 12インチRetina日本語 キーボードカバー トラックパッドカバー オリジナルクロス付き 3点セット ブラック」を購入体験をご紹介します。

突然MacBookが真っ暗なままになる故障⇒原因はキーボード側の故障

約2年ほど愛用したmac book12インチ(Retina,2017)が突然、電源が入らなくなり液晶を開いても画面が真っ暗なままの状態に。ネットで調べたいくつかの強制再起動の入力も受け付けず、画面は真っ暗のまま沈黙。

結局、ジーニアスバーを予約して直接アップルストアに持ち込んで修理することになりました(修理の見積もり単価は6万5千円でしたが、アップルケアに入っていたので全額無料。アップルケアが初めて役に立ちました)。

▼修理を終えて戻ってきたMacBook

macbook修理

ところで、今回液晶画面が真っ暗になって何も反応しなくなった原因は、キーボードの電源ボタンにあるとのことでした。その対処として、キーボードの全面張り替えをしたとの事。

はて?あまり電源ボタン自体を押すことは無いのになぜ?とストアの担当してくれたお姉さんに聞いてみたところ、『水漏れなどの跡は無かったけども、生活レベルでの湿気の入り込み埃などでキーが故障したことが考えられる』との事でした。

アップルケアの保証期間も残り1年ですし、キーボードの防塵ケアをちゃんとした方が長持ちしそうと考え、改めてmacbook12インチに使えるキーボードカバーを購入する事にしました。

故障を機にキーボードカバーを購入

MacBook12インチ(Retina,Ealy2017)用に購入したのこはこれ、「Zaggass. MacBook 12インチRetina日本語 キーボードカバー トラックパッドカバー オリジナルクロス付き 3点セット ブラック

ブランド ザッガス(Zaggass)
重量 18.1g
メーカー型番 MBK-12B
カラー ブラック
他にもクリア・ゴールド・パープル・ピンク・ホワイトがある
対応機種 Macbook 12inch JIS配列 日本語専用

私が購入した時の価格は990円でした。約1,000円ほどでキーボードカバーとトラックパッドカバーの両方が買えます。

実物の写真・使用感

▼開封した状態。キーボードカバーと、トラックパッドカバーと、フロス(トラックパッドカバーを貼る時用)の3点が入っています。

▼キーボードカバーの装着のやり方は簡単。ただキーボードの上に乗せるだけ。

比較写真1:カバーを乗せる前のキーボードの状態

比較写真2:キーボードカバーを乗せた状態

▼トラックパッドカバーの装着。接着面と面面にシールが貼られており、それぞれStep1、Step2と順番が書かれているので、直感的に装着できます。

ほとんど気にならない使用感

キーボードカバーは、触りごごちこそこシリコンの柔らかい感じはしますが、キーを叩く感触はほとんど変化がないので、キー入力の作業上の違和感は特にありません。

色はブラックを選びましたが、もともとのMacBookのキーの色に合わせているので、見た目的にもカバーを乗せてる感はあまりしません。(上の写真の「比較写真2」のほう)

トラックパッドカバーも問題なし。何か貼っていることすら気づかない見た目。トラックパッドの操作・反応にも変化は感じませんでした。

さいごに:とっとと買っておけばよかった⇒キーボードカバー

今回は、キーボード起因のmacbookの故障で、アップルストアに4日間も預ける事になりました。その間、外にPCを持ち歩けない日が続き行動が制限されたのは、自分的には結構痛かったです。

トラブルを避けるためにもキーボードカバーは初めから買っておくべきでした。見た目も使用感も問題ない製品が1,000円で買えちゃうんですから。

あとアップルケアもPCを3年使う想定であれば、ケチらずに加入しておいて正解でした。修理明細票と一緒にアップルのロゴの入ったクリアファイルもオマケでもらえました。

こんな記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

横浜に住む金融系ITエンジニア。 セール情報やキャンペーン情報など、お得な何かを見つけるのが好きですが、溢れるリリース情報を追っかけるのではなく法則性や特徴を捉え、まったり落ち着いて立ち回るのを理想としてます。