リワードeチケットは700円以上の商品の購入にも使える?→使える【スタバ】

スターバックスリワードeチケット

スタバのポイントサービス「スターバックスリワード」でもらえる商品券「リワードeチケット(リワードチケット)」は税抜き700円までの商品1品との交換が可能ですが、700円を超える商品にも使えるか?

答えは「使えます」

差額を支払えば700円以上の商品とも交換が可能です。

700円以上の品と交換したときのレシート

コーヒー豆と交換

コーヒー豆(ケニア)税抜1,240円をリワードeチケットを使って購入した時のレシートです。

明細「Reward Ticket  -700」というのがそれです。差額540円(税抜)を支払うことで購入できました。

スターバックスリワードチケット700円以上のレシート

コーヒー豆(ケニア) 税抜 1,240円
リワードeチケット  税抜 −700円

差額(税抜き) 540円

スターバックスヴィア(VIA)と交換

スターバックスヴィア(粉末コーヒー)税抜1,100円をリワードeチケットを使って購入した時のレシートです。

明細「VIAコーヒー 10スティック」というのがそれです。差額400円(税抜)を支払うことで購入できました。

スターバックスヴィア スターバックスリワード レシート

 

VIAアイスコーヒー 10スティック 税抜 1,100円
リワードeチケット  税抜 −700円

差額(税抜き) 400円

 

リワードeチケットで交換できる品

ドリンク、フード、コーヒー豆などの全国のスターバックス店舗の販売商品のいずれか1品と交換できます。上限は税抜700円までですが、700円を超える商品でも差額を支払うことで購入可能です。

  • ドリンク(カスタマイズ可)
  • フード
  • コーヒー豆
  • スターバックス ヴィア(粉末コーヒー、インスタントコーヒー)
  • スターバックス オリガミ(ドリップバッグ)
  • ティバーナ(紅茶のティーバッグ)

 

リワードeチケットで交換対象外の品

  • ポットサービス
  • タンブラー&グッズ(つまり、タンブラーは交換対象外)

 

スタバのリワードチケットの使い方・交換にオススメな商品[Reward eTicket]

2018.01.05

スターバックスカードのチャージに適したクレジットカード

スターバックスカードは「My Starbucks」からくじっとカードによるオンライン入金が可能です。せっかくクレジットカードからチャージするのであれば、還元率の良いカードを選びたいところです。チャージに適したカードの代表としては以下が挙げられます。

JCB ORIGINAL SERIES(JCBオリジナルシリーズ)

JCB自体が発行するプロパーカードは、スターバックスでの商品購入やスターバックスカードのチャージに対して通常1000円当たり1ポイント(5円相当)のところ5倍のポイントが付与され、還元率は2.5%です。

→2018年4月1日からは、エントリー要でポイント10倍の還元率5%にアップしました。

具体的な対象カード名は以下となります。

JCBカード

dカード

NTTドコモが発行するクレジットカードです。ドコモユーザーでなくても作ることができます。通常100円(税込)あたり1ポイント(1円相当)貯まりますが、スターバーックスカードへのチャージに対してはさらに3ポイント付与される特約店の対象のため、合計4ポイントつまり還元率は4%にもなります。

年会費は初年度無料で、2年目以降も1250円(税抜)ですが年1回でも利用があれば2年目以降でも無料になります。

dカード

 

こんな記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

ワンペアでしか上がれないから「わんぺ」と名付けられ早や20数年。横浜在住。 セール情報やキャンペーン情報など、お得な何かを見つけるのが好きですが、溢れるリリース情報を追っかけるのではなく法則性や特徴を捉え、まったり落ち着いて立ち回るのを理想としてます。 2017年12月時点で21万PVを超えました。ありがとうございます<(_ _)>