TYPE-Cしかない「12インチMacBook 2017」に適したDVD-Rドライブを購入してみた

12インチMacBook2017

「13インチMacBook Air」から「12インチMacBook(2017年版)」に買い換えました。

1350gから920gに軽くなったおかげで持ち運びがグッと楽に。13インチAirの時は1回外に持出し余りの重さに耐えかね2度と持出す事は無かったのに、12インチMacBookになったとたん持出しまくってます。カフェなどの集中できる環境での作業は効率が上がるのでとても助かってます。

さて、12インチMacBookにはTYPE-Cポートが1つしか付いておらず普通のUSB(TYPE-A)ポートが無いので、外付け機器を買うときに注意が必要です。今回は外付けのDVD-Rドライブを購入したので紹介したいと思います。

MacBook用に購入したのはコレ「I-O DATA ポータブルDVDドライブ DVRP-UT8C2W 」(USB 3.1 Gen1 Type-C 対応/バスパワー駆動/パールホワイト) です(アマゾンで購入)。通常のUSB(TYPE-A)の他にTYPE-Cのコネクタも同梱されており、直ぐにMacBookに繋げることができます。

主な特徴は以下のとおりです。

  • TYPE-Cコネクタが同梱されているのでMacBookに直ぐにつなげることが出来る。(通常のUSB(TYPE-A)も付いてる)
  • 電源はTYPE-Cコネクタからのバスパワー駆動なので、電源アダプタはいらない
  • 重さは270g、大きさは13.6(W)×14.6(D)×1.46(H)cmでコンパクト
  • Windows向けにライティングソフト「B’s Recorder」やDVD再生ソフト「WinDVD」が付いてくる(メーカーサイトにてユーザー登録するとダウンロードできる)

 

さっそくDVD-RドライブをMacBookに繋げてみた

同梱されているTYPE-Cコネクタで接続。これだけでDVD-Rドライブを認識して使えるようになります。なおMacOSは2017年9月末にリリースされたばかりのmacOS High Sierra(ハイシエラ)上で稼働しています。

↑重さはわずか270g。これでDVD-Rドライブなんだから、小っちゃくなったもんですね~。

 

電源はMacBookから取るが、別売の電源アダプタから供給することもできる

試しにDVDをISOファイルにリッピングしてみると20分ぐらいでMacBook側のバッテリを6~7%ぐらい消費します。DVD-R側がフル稼働の状態でこんな感じです。

別売になりますが、直流DC5V(電流1.5A)のACアダプターを繋げば、MacBook側のバッテリを消費しなくて済みます。この規格のアダプタって意外とビデオカメラとか昔のMP3プレイヤーの充電器のアダプターとかに使われている形式だったりするので、試しに差してみたら普通に動いちゃいました。。

 

DVDのリッピングをしてみた

MacOSは標準のアプリ「ディスクユーティリティ」で、DVDの動画からイメージ(ISOファイル)を抽出することができますが、コピーガードがある物についてはイメージ(ISO)ファイルを抽出しても再生できません。

有料アプリになりますが、APP Storeで販売している「DVD Copy & Rebuild Pro」とりあえず自分の手持ちの市販DVDよりISOファイルを抽出し、再生できることを確認しました。

 

↓1.アプリを起動した状態。ここで「Full Copy」を押下

 

↓2.Copy to:のラジオボタンは「ISO File」を選択

 

 

↓2.ボタン「ImportDVD」を押すと、抽出元のDVDドライブの指定とISOファイルの出力先を聞かれるので設定する。直後にリッピングが開始する。

12インチMacBook用レザースリーブを購入。高級感UPで軽い

2017.11.02

こんな記事も読まれています