ルミネカードはいつでも5%OFF メリット・デメリットを理解しておトクに使う方法

ルミネのクレジットカード「ルミネカード」は、ルミネでの買い物がいつでも5%OFFになると宣伝していてなんだかお得そうです。

何かデメリットがないか?どうするとお得になるのかを整理したいと思います。

ルミネカードのメリット・デメリット

ルミネカードの券面「表」

ルミネカードの特徴をメリット部分とデメリット部分でまとめると以下のようになります。

メリット
  • ルミネでの買い物はいつでも5%OFF
  • 年数回はさらに10%OFFの期間あり
  • ポイントも溜まるが0.5%相当。SuicaチャージなどJR東日本の利用は3倍の1.5%相当の還元
  • 年間利用額によって商品券がもらえる
  • 会社の福利厚生みたいなサービス「ルミネスタイル」に無料で入れる
  • JR東日本の「定期券」・「JREポイント」の情報が1枚にまとめられる
デメリット
  • 初年度は年会費無料であるが、2年目からは年会費953円(税込)がかかる

ルミネカードにはメリットとなる特典がたくさんありますが、唯一のデメリットとして年会費が2年目より953円(税抜)かかるという点です。つまりこの年会費をペイできるかどうかがルミネカードを持った方が良いかどうかの分かれ目になります。

年会費の元をとるためには

ルミネカードの特典の柱である、「ルミネでの買い物はいつでも5%OFFになる」という1点に着目すると、

5%OFFのみで年会費をペイするのに必要な利用額

953円 ÷ 5% = 19,060

つまり年間で税抜19,060円以上(およそ20,000円ほど)ルミネで買い物するならルミネカードを持つのがお得ということになります。

 

ルミネカードには他にも特典があるため、以下のケースも組み込むとおよそ20,000円といわずもっと低い利用額でスグに元がとれます。

ルミネカード10%OFF期間のみで年会費をペイするのに必要な利用額

953円 ÷ 10% = 9,530

つまり半分の9,530円(およそ10,000円ほど)ルミネで買い物をするなら年会費の元がとれます。

1.5%相当のポイント還元になるSuica定期・Suicaチャージだけを利用した場合

953円 ÷ 1.5% = 63,533円 (消費税考慮なし)

つまりルミネで買いものをしなくても、Suica定期やSuicaチャージにルミネカードを使っている場合、年間63,533円以上利用するなら年会費の元がとれます。

WEB明細によるポイント特典

クレジットカードの明細を郵送ではなくWEB明細にすると、明細発行の度(つまり毎月)50円相当のJREポイントがもらえます。

50円相当 ×  12ヶ月 = 600円相当

つまりWEB明細にすることで、1年あたり600円相当のJREポイントがもらえるので、年会費分の一部がポイントで戻ってくるような形になります。

 

次に、ルミネカードの特典についてもう少し細かく確認したいと思います。

ルミネカードならいつでも5%オフ、本も・食品も・レストランも

ルミネカードの特典の柱は何といっても「ルミネでの買い物はいつでも5%OFFになる」という点です。

ルミネで販売しているファッションアイテムだけでなく本・DVD・化粧品類・レストラン・カフェ・食品類までもが5%OFFになります。

対象となる店舗は以下の通りでルミネの実店舗とルミネのネット通販サイト「アイルミネ」です。ただし海外(ジャカルタ・シンガポール)にあるルミネは対象外となります。

対象店舗

  • 大宮
  • 北千住
  • 池袋
  • 有楽町
  • 新宿
  • ルミネエスト新宿
  • ニュウマン新宿(NEWoMan)
  • 立川
  • 横浜
  • 町田
  • 荻窪
  • 藤沢
  • 川越
  • ルミネザ・キッチン品川
  • 大船ルミネウィング
  • ネット通販「アイルミネ

ルミネで購入した商品は、カード引き落とし時に5%OFFになります。(以下はカード明細の抜粋イメージ)

ご利用年月日 ご利用箇所 ご利用額 今回ご請求額 割引額
※ルミネの支払いは
5%OFFになっている
2019/1/4 モバイルSuica定期 79,100 79,100
2019/1/7 ルミネウィング ジネス 7,968 7,570 398
2019/1/7 ルミネウィング 麺屋 空海 3,370 3,202 168
2019/1/7 ルミネウィング サンジェルマン 2,246 2,134 112
2019/1/27 ルミネウイング ガトー葦 920 874 46
2019/1/27 大船駅 オートチャージ(モバイル) 10,000 10,000
5%オフの計算式

割引額 = [税込み価格 × 0.05(5%)] 1円未満切捨て

5%OFFの対象外となるケース

まずルミネカードのSuicaでの支払は5%OFFになりません。あくまでもルミネカードのクレジットカード機能での支払が対象になりますので注意が必要です。

商品券・ギフト券などの金券類とタバコはルミネカードでの支払自体ができず5%OFFの対象外です。スタバのプリペイドカード「スターバックスカード」へのチャージも金券類と同じ扱いで不可となります。

5%OFF対象外商品

  • 商品券・ギフト券などの金券
  • タバコ

年4回・「10%OFF」に割引率がアップするキャンペーンがある

ルミネカード10%オフ 2017年11月

ルミネカードでの支払ならいつでも5%OFFになりますが、さらに年4回ほど10%OFFに割引率がアップするキャンペーン期間があります。

10%OFFになる時期は、過去実績からほぼ3月・5月・9月・11月の1月・7月を除いた奇数月であることが判っています。1月・7月はバーゲンセールの時期なので、この時期は除いた奇数月という見方ができます。

▼10%OFFキャンペーンの開催時期の法則や、次回開催時期の予想については以下の記事にてまとめています

次のルミネ カード10%オフの時期の予想

2014.01.05

10%オフ期間はファッションアイテム以外にも本・化粧品類・食品類など使い道いろいろ

ルミネカードの10%OFFキャンペーンでは、普段の5%OFFの時と同様に、ファッションアイテムだけでなく、本・食品類・レストランなども等しく10%オフの対象になります。

ルミネでそんなにファッションアイテムばかり買わないという方でも、10%OFF期間に合わせて、本・化粧品類・日持ちのする食品・食材などのまとめ買いをするという手もあります。たとえばルミネではこんなショップが入っています。

  • 書店(ブックファースト・八重洲ブックセンター・有隣堂・ヴィレッジヴァンガードなど)
  • 成城石井(高級スーパー、コーヒー豆などお茶類・パスタなどの乾麺類・成城石井スイーツ・お惣菜など)
  • 無印良品
  • ユニクロ
  • ジェラートピケ
  • JINS!
  • @コスメ
  • コスメキッチン

 

▼ルミネカード10%オフの時に買いに行きたいお店・おすすめ商品

ルミネカード10%オフの時に買いに行きたいお店・おすすめ商品

2019.01.28

▼ルミネに入っている書店

ルミネに入っている書店・本屋さん

2014.09.06

Suicaチャージや定期券購入でもポイントがどんどんたまる

JREポイント

ルミネカードは、クレジットカード支払に対して通常1,000円あたり5ポイントのJREポイントが付与されます。JREポイントは1ポイント=1円相当ですので、還元率に直すと0.5%です。

さらにSuicaのチャージやJR東日本の定期券の購入にルミネカードを使うとポイントが3倍溜まり、1,000円あたり15ポイントたまります。還元率に直すと1.5%

JREポイント3倍の対象になるもの

以下の商品をルミネカード払いで購入するとポイント3倍の対象になります。

  • 乗車券、定期券、回数券、特急券(JR東日本のみどりの窓口やびゅうプラザ、券売機で購入された場合に限る)
  • JR東日本国内ツアー
  • Suica定期券、Suicaカード
  • ビューカードでのSuica入金(チャージ)
  • オートチャージ
  • モバイルSuica、またはSuicaアプリケーション

JREポイントの使い道

たまったJREポイントはSuicaにチャージしたりルミネ商品券と交換ができます。

▼JREポイントは1ポイント1円単位でSuicaにチャージ可能

 

▼ルミネ商品券に交換するならさらにお得で、1ポイント最大1.22円相当で交換可能

ルミネ商品券との交換は最低2,000円分から最大30,000円分までの7種類の中から選ぶ事が可能で、商品券の金額が大きくなるほどJREポイント1ポイントの価値が高くなります。交換レートは以下の通りです。

交換商品 必要なJREポイント 交換レート
(1ポイントの価値)
ルミネ商品券2,000円分 2,000 1円
ルミネ商品券4,000円分 3,600 1.11円
ルミネ商品券6,000円分 5,200 1.15円
ルミネ商品券8,000円分 6,800 1.17円
ルミネ商品券10,000円分 8,400 1.19円
ルミネ商品券20,000円分 16,400 1.21円
ルミネ商品券30,000円分 24,400 1.22円

JREポイントのWEBサイトにてルミネ商品券を交換する様子

 

▼Suicaグリーン券に700ポイントで交換できます。距離・曜日に関わらずJR東日本管轄下の普通列車グリーン車運行エリア内で利用できます。(2019年6月末までは700ポイント→600ポイント

JREポイントをグリーン券と交換するには、JREポイントのWEBサイトからグリーン券の受け取り先のSuicaを指定する手続きを行います。

JR東日本のグリーン券の料金は以下の表の通りで、事前料金の価格で比べると「ホリデー・50kmまで」の570円以外であれば、一律700ポイントでグリーン券と交換できるので1ポイント1円以上の価値になります。
(最大は「平日・51km以上」の980円分 → 980円÷700ポイント=1.38円の価値)

運営キロ 事前料金 車内料金
平日 ホリデー 平日 ホリデー
50kmまで 770円 570円 1,030円 830円
51km以上 980円 780円 1,240円 1,040円

 

ルミネでの年間利用額に応じてさらに商品券がもらえる

ルミネ・NEWoWMan・アイルミネ(ネット通販)での買い物が多い人には更に優遇されます。

ルミネカード支払でルミネでの買い物が1年間(計算期間は1月1日〜12月31日まで)20万円以上になると商品券が送られます。100万円以上使うお得意様にはスペシャルVIPサービスのメニューが用意されています。

年間の利用額(割引前・税込) ルミネ商品券
20万円以上〜50万円未満 1,000円
50万円以上〜70万円未満 2,000円
70万円以上〜100万円未満 3,000円
100万円以上 5,000円

 

スペシャルVIPサービス

ルミネより日頃の感謝の気持ちを込めて、年間ご利用金額100万円以上のお客さまにだけ、年に1度スペシャルな「プレミアム体験キャンペーン」を開催いたします。ルミネからの素敵なひとときを、抽選でプレゼント。ぜひお楽しみください。

 

会社の福利厚生の様なサービスが無料で使える「ルミネスタイル」

ルミネスタイル

ルミネカード会員になると「ルミネスタイル」というサービスに「無料」で利用する事ができます。これはグルメ・旅行・観劇・スポーツジムなどがお得に利用・入会できる会社の福利厚生的なサービスです。

「ルミネスタイル」の運営自体は、企業に福利厚生サービスを提供するのを専門とする「株式会社リロクラブ」が行なっています。サービス内容自体も、リロクラブが運営する「クラブオフ」のクラブオフアライアンス会員のサービスメニューと同等にあたります。

ルミネスタイルの具体的なサービス内容

人気のクーポン・優待サービスはトップに集まってますが、これ以外優待も検索することで表示されます

  • ドミノピザ:15%〜30%OFFのクーポンコードが利用できる。その他「ピザーラ」や「ナポリの窯」のクーポンもあります。
  • 上島珈琲店:10%OFFになる割引クーポン券
    (自分でクーポン画面を印刷して利用)
  • コメダ珈琲店(対象店限定):たっぷりサイズへサイズアップ無料
  • 魚民・白木屋・笑笑・響・魚盛・塚田農場・世界のビール博物館・さくら水産などの居酒屋各店で会計時10%〜20%OFF
    (自分でクーポン画面を印刷して利用もしくはクーポン画面を提示して利用)
  • イオンシネマ・109シネマズ・ユナイテッドシネマ・T-JOY・ヒューマックスシネマ・シネマいイクスピアリなどの映画館にて一般大人料金が1,800円→1,300円に。
    (但し事前にルミネスタイルで金券を購入し、映画館で予約をする形になるので手続きは若干面倒)
  • 八景島シーパラダイス・新江ノ島水族館・よみうりランド・ジョイポリス・サンリオピューロランド・富士急ハイランド・横浜オービィ・志摩スペイン村等のレジャー施設・テーマパークの割引クーポン
    (自分でクーポン画面を印刷して利用)

 

さいごに

ルミネカードには特典がいっぱいありますが、2年目から年会費953円(税抜)かかるのが唯一のデメリットとなります。

ですが、いつでもルミネの買い物が5%OFF、JR東日本での定期券やSuicaチャージが少なくとも1.5%以上の還元率であるため、

  • Suicaを日常的に使っている
  • たまにルミネで買い物をすることもある

というライフスタイルの方であればすぐに年会費分以上のメリットを受ける事ができます。

ルミネカードの作り方

ルミネカードは、株式会社ビューカードというJR東日本の100%子会社が発行するクレジットカードで、カードの発行は、ルミネ店舗およびネット(WEBサイト)からも手続きができます。

ビューカードのWEBサイト(ルミネカード)

 

ルミネでの買い物をお得に安くする方法まとめ:

【まとめ】ルミネで安く買い物をする方法

2019.04.04

 

こんな記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

横浜に住む金融系ITエンジニア。 セール情報やキャンペーン情報など、お得な何かを見つけるのが好きですが、溢れるリリース情報を追っかけるのではなく法則性や特徴を捉え、まったり落ち着いて立ち回るのを理想としてます。 おかげ様でブログ「わんぺや」は2018年12月に44万PVを超えました