「コクリコ坂から」の場所は何処? (西の橋、元山下)

コクリコ坂 横浜

本日、嫁と桜木町のブルク13で「コクリコ坂から」を鑑賞。

TVCMだと、なんだか暗そうな話をイメージしてたけど、まったくそんなことは無く
とても清涼感のある爽やかなお話。どんな困難にもまっすぐ向き合っていこう!と元気がもらえる作品です。

poppyhill001s
(上、横浜市の公共施設や観光案内所でもらえます。うちわと横浜ガイド&景品がもらえるスタンプラリー)

さて、横浜に住んでいるゆえかどうしても気になるのは、劇中で出てくる場面の地理的な整合性
(設定は、昭和38年、1963年の横浜)。

以下、ちょっとメモ(個人的な考察です。多分に間違いがあると思われる)

ヒロイン「海(メル)」の住んでいるコクリコ荘の場所は?

コクリコ荘からの景色は、「港の見える丘公園」(山手)からの景色を彷彿させるのですが、
冒頭でタグボートがコクリコ荘が見える丘の上を向いて、左に突き進んでいるので「港の見える丘公園」だと手前過ぎる(1963年に完成したばかりの山下埠頭に引っかかる)。
となると、もっと先の本牧・根岸か磯子あたりがちょうどいいように思える。

ただし、本牧・根岸は米軍居留地がある事を考慮すると、磯子付近の丘陵地の方がそれっぽいかも。
学校は、さらに南側の杉田か屏風浦あたりでしょうか、コクリコ荘から徒歩圏内。

(追記)
●横浜市観光情報公式サイトの宮崎吾郎監督へのインタビューにて、モデルになった坂はどこか?という問いに対して、あくまでも監督のイメージであると語っている。
●横浜市の広報よこはま中区版2011年7月号には、中区が「コクリコ坂から」の舞台として1960年代の代官坂の写真を表紙に掲載している。ちなみに代官坂の途中にある「宮崎生花店」が、劇中の俊と海が坂を自転車で下るシーンに登場する。
コクリコ坂からビジュアルガイドによると、谷戸坂の裏坂が坂のイメージ元と書かれている。
→裏坂はブラフ積が連なる特徴的な坂で、あんまりコクリコ坂のイメージとはピッタリ一致しない。
山手谷戸坂中途から山下居留地をみる〔彩色写真・日下部金兵衛〕 明治30年代”のほうが近いのでは?
●コクリコ坂からのオフィシャルサイトによると、コクリコ荘があるのは神奈川近代文学館をイメージ(位置的には港の見える丘公園とほぼ同じ)
●コクリコ荘の和洋折衷建築は、根岸なつかし公園にある旧柳下邸に似ている
昔の磯子

よって、コクリコ荘からの景色、場所は複数のモデルをベースにして合成した架空の場所という事でしょう。
坂の上は山手の景色で、坂の下および位置的な場所は磯子・根岸あたりだと思います。

なお「コクリコ坂から」が宣伝的には山手や元町商店街を絡ませるのはしょうがない事だと思ってます。
現在の磯子・根岸・本牧には映画の場面を彷彿させるような場所は残っていません丘陵地があるというだけです。そうなると、観光客が来やすいロケーションで、西洋建築(洋館)がたくさん現存し、丘の上から港が見える整備された公園あるのは山手しかありませんから。

 

風間 俊の家は?

家は「ほんまち」と言っていましたが、「ほんまち(本町)」という地名は無く、「ほんちょう(本町)」なら県庁から馬車道の間あたりにあります。ただ、本町は開港以来、明治のころから横浜の中枢機能が揃うオフィス街。映画では目の前に運河や橋があったのでちょっと違う。
俊の部屋の窓の向こうに「キャラメル」と書かれたピンクのネオンが小さく見えたので、なんとなく伊勢佐木町または曙町・黄金町・福富町あたりが見えてるのかなと思う。
となると、今のJR関内駅の南西側の大通り公園あたり、もっとざっくり言うなら関外エリア(JR根岸線を挟んで西側)なのかな?と仮定してみました。

現在の大通り公園、地下鉄ブルーラインの伊勢佐木長者町から阪東橋にかけては1972年まで吉田川・新吉田川という運河があったそうです。他にもこの当たりはいっぱい運河があったのですが1970年台には軒並み埋め立てられており今に至っています。
俊の家もこういった、今は無き運河に面していたのかなと。

埋め立て年度

  • 吉田川、新吉田川  → 1972(昭和47年)
  • 派大岡川 → 1977(昭和52年)  大岡川と中村川を結ぶ運河、今のJR根岸線(桜木町~石川町)となりの首都高横羽線

 

海と俊が歩いた横浜の町は?

映像でハッキリと桜木町駅、県庁(キング)、横浜税関(クィーン)、山下公園、ニューグランド、マリンタワー(赤白)、氷川丸(緑)が写っています。最後に市電(路面電車)”西の橋”停留所につきますが、この電停は横浜市電・本牧線の”元町”停留所(現在のJR石川町駅から元町の商店街に入る入り口付近)の事と思われます。
明治の開通当時”西の橋”と呼んでいた停留所は後の”元町”停留所。

※舞台となっている1963年は、まだ桜木町より先の根岸線は開通しておらず、翌年の1964年に桜木町-磯子間が開通する。
※市電の車体には宝田洋食器店(タカラダ)の看板が

桜木町から西の橋まで距離にして3.3km、徒歩で40分程度です。
(意識し合っている男の子と女の子なら、苦にならない距離ですかね)


大きな地図で見る

なお、このあと海は市電に乗ってどちら方面にいったのか?
映画では行き先が”元山下”と表示されていましたが市電にそのような停留所は無いし地名としても存在しません。仮に山下町だとしても今まで来た道を返すだけになるので”元山下”自体はあまり意味がないと思います。
”西の橋”停留所を実在の市電”元町”停留所(旧名が”西の橋”なので)と仮定すると、この路線”本牧線”に該当し桜木町方向か、本牧・根岸方向にしか行けません。
やはり、本牧・根岸方向の電車に乗ったのではないでしょうか。海を乗せた市電は山の方に向かっていきます。向こうに続く絵は真っ暗で判りませんが山手トンネル(本牧隋道)ということになるのでしょうか。
(西の橋で俊が海を見送ったのは、ここからは山登りになりになる事と、俊の家が逆方向であったためと思われる。)

とりあず、個人的には位置関係はこんな感じかと想像してます。

コクリコ坂 地図

 

関連書籍

横浜今昔散歩 (中経の文庫)
消えた横浜娼婦たち 港のマリーの時代を巡って
彩色絵はがき・古地図から眺める東京今昔散歩 (中経の文庫)
カラー版 横浜―交流と発展のまちガイド (岩波ジュニア新書)
赤線跡を歩く―消えゆく夢の街を訪ねて (ちくま文庫)

こんな記事も読まれています

コクリコ坂 横浜

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

横浜に住む金融系ITエンジニア。 セール情報やキャンペーン情報など、お得な何かを見つけるのが好きですが、溢れるリリース情報を追っかけるのではなく法則性や特徴を捉え、まったり落ち着いて立ち回るのを理想としてます。 おかげ様でブログ「わんぺや」は2018年12月に44万PVを超えました