映画館の一般料金値上げ「1900円」でどう変わったのか【各館の料金比較】

映画館・ポップコーン

映画館の一般料金(大人料金)はどこでも一律1,800円の横並びでしたが、TOHOシネマズや109シネマズなどの大手シネコンが2019年6月1日より100円値上げの1,900円の料金改定に踏み切りました。

理由は、人件費の高騰やデジタル映像技術に合わせた設備投入によるものだそうですが、利用者としては中々納得しがたいところではありますよね。

ただ、すべてのシネコンが値上げしたわけではなくイオンシネマとかは、まだ値段据え置きのままというところもあります。このページでは主要シネコンの料金体系比較をしたいと思います。

シネコン・映画館の料金一覧

映画館

2019年6月改定、大手シネコンの新料金体系を表にしました。

一般 大学生 高校生 ファーストデイ
レディースデイ
TOHOシネマズ 値上げ
1,900円
据え置き
1,500円
据え置き
1,000円
値上げ
1,200円
109シネマズ 値上げ
1,900円
据え置き
1,500円
据え置き
1,000円
値上げ
1,200円
イオンシネマ 据え置き
1,800円
据え置き
1,500円
据え置き
1,500円
据え置き
1,100円
ユナイテッドシネマ
(シネプレックスも含む)
据え置き
1,800円
据え置き
1,500円
据え置き
1,500円
据え置き
1,100円
Tジョイ
(ブルク7,ブルク13なども含む)
据え置き
1,800円
新宿バルト9は
1,900円に値上げ
据え置き
1,500円
据え置き
1,500円
値上げ
1,200円
松竹マルチプレックスシアターズ
(MOVIX、ピカデリーなども含む)
据え置き
1,800円
丸の内ピカデリー
新宿ピカデリーは
1,900円に値上げ
据え置き
1,500円
据え置き
1,000円
値上げ
1,200円
テアトルシネマ 据え置き
1,800円
据え置き
1,500円
据え置き
1,000円
据え置き
1,100円
シネマサンシャイン
(2019年7月1日改定)
据え置き
1,800円
据え置き
1,500円
据え置き
1,000円
値上げ
1,200円
チネチッタ 据え置き
1,800円
据え置き
1,500円
据え置き
1,000円
据え置き
1,100円

※イオンシネマにはレディースディ(水曜日の割引)はありませんが、毎週月曜日は「ハッピーマンデー」で1,100円になります。

表から判るのは、

  • 全シネコン横並びで値上げはしておらず、足並みはそろっていない。
  • 値上げは一般料金やファーストデイやレディースディ(水曜日割引)などの割引日を対象にしており、学生料金はどのシネコンも据え置いています。お小遣いに制限のある学生は価格変更に敏感に反応すると踏んだのでしょう。

 

値上げ対抗策

シネコン・映画館にはファーストデイとかレディースデイなど特定の日・曜日で割引価格で観れる日が多く設定されています。

今回の値上げで、これらの割引適用日についても100円ほど値上げされましたが、一般料金と比べれば明らかにお得な値段で映画が見れるので、これらをもう少し意識してはいかがでしょうか。

▼映画館の割引サービスデーの実施日・曜日の比較【全国・都内対応版】

映画館の割引サービスデーの実施日・曜日の比較【全国・都内対応版】

2017.04.02

 

また映画の視聴スタイルを変えてみる時期に来たかもしれません。映画のサブスクリプションサービス(一定の範囲の映画やアニメなどの映像作品を月額定額で見放題になるサービス)を使って、旧作映画や順新作映画を家庭で気軽に見るという生活スタイルを取り入れてみるのも手です。

▼定額制見放題の動画配信サービスのって何があるの?

定額制見放題の動画配信サービスのって何があるの?

2018.09.03

こんな記事も読まれています

映画館・ポップコーン

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

横浜に住む金融系ITエンジニア。 セール情報やキャンペーン情報など、お得な何かを見つけるのが好きですが、溢れるリリース情報を追っかけるのではなく法則性や特徴を捉え、まったり落ち着いて立ち回るのを理想としてます。 おかげ様でブログ「わんぺや」は2018年12月に44万PVを超えました