初登場のトリュフ専門店「FRESH TRUFFLE JAPAN」を試してみた【ギルトシティ】

フレッシュトリュフ ギルトシティ

2019年7月、「ギルトシティ」にトリュフ専門店「FRESH TRUFFLE JAPAN」(フレッシュ・トリュフ・ジャパン)が初登場しました。

ギルトシティのお取り寄せジャンルは、いつも独特な目利きで面白い食材を集めてきてくれますが、ついに世界3大高級食材の1つであるトリュフまで扱うとは。

今回「FRESH TRUFFLE JAPAN」の商品で扱うのは「サマートリュフ」という種類のトリュフです。春先から真夏が旬で、トリュフの仲間の黒トリュフや白トリュフよりは若干安い価格帯となっているそうです。

ギルトでの取り扱い商品

フレッシュトリュフ ギルトシティ

全部で3種類選べます。

「FRESH TRUFFLE JAPAN」は、現地イタリアのトリュフハンターと独占契約を結び、独自ルートで輸入しているため、獲れたてのトリュフを早く試すことができます。

サマートリュフ50g(桐箱・ミニトリュフスライサー付)

商品内容:
イタリア産フレッシュサマートリュフ 50g
ミニトリュフスライサー(80mm×165mm) 1個
ギフト用桐箱
全国一律送料(ヤマトクール便)

原材料・生産地:
サマートリュフ:イタリア・マルケ産
ミニトリュフスライサー(ステンレス):中国製

価格:
11,000円

 

サマートリュフ100g(桐箱・ミニトリュフスライサー付)

商品内容:
イタリア産フレッシュサマートリュフ 100g
ミニトリュフスライサー(80mm×165mm)1個
ギフト用桐箱
全国一律送料(ヤマトクール便)

原材料・生産地:
サマートリュフ:イタリア・マルケ産
木製トリュフスライサー:イタリア製

価格:
15,000円

 

サマートリュフ100g バスケットギフト(桐箱・木製スライサー付)

商品内容:
イタリア産フレッシュサマートリュフ 100g
木製スライサー(90mm×207mm) 1個
白トリュフトマトソース90g
黒トリュフディップ90g
白トリュフ醤油55ml
白トリュフバター50g
黒トリュフ塩50g
ギフト用桐箱
全国一律送料(佐川急便・常温便)

原材料・生産地:
サマートリュフ:イタリア・マルケ産
木製トリュフスライサー:イタリア製
白トリュフトマトソース:イタリア
トマトソース、白トリュフ、塩、胡椒、ピーナッツオイル、香料
黒トリュフディップ:イタリア
シャンピニオンマッシュルーム、エクストラバージンオリーブオイル、ポルチーニ、黒トリュフ、胡椒、黒オリーブ、アンチョビ、香料
白トリュフ醤油:イタリア
醤油、白トリュフ、香料
白トリュフバター:イタリア
バター、塩、白トリュフ、胡椒、香料
黒トリュフ塩:イタリア
食用海塩、黒トリュフ、香料

価格:
33,000円

 

どれぐらいお得か

「FRESH TRUFFLE JAPAN」(フレッシュ・トリュフ・ジャパン)は公式通販サイトを持っていて、こちらからも注文できます。

https://freshtruffle.thebase.in
フレッシュトリュフジャパン

公式サイトで、今回のギルトシティと同等のものを購入した場合と比較すると下の表の様になっており、ギルトシティで購入した方がお得になっています。

ギルトシティ 公式サイトで購入 お得度
サマートリュフ50g(桐箱・ミニトリュフスライサー付)
11,000円
  • サマートリュフ50g:9,000円
  • ミニトリュフスライサー:1,500円
  • ギフトラッピング・桐箱:1,300円
  • 送料:1,300円相当
2,100円程度お得
サマートリュフ100g(桐箱・ミニトリュフスライサー付)
15,000円
  • フレッシュサマートリュフ100g:15,000円
  • ミニトリュフスライサー:1,500円
  • ギフトラッピング・桐箱:1,300円
  • 送料:1,300円相当
4,100円程度お得
サマートリュフ100g バスケットギフト(桐箱・木製スライサー付)
33,000円
  • フレッシュサマートリュフ100g:15,000円
  • 木製トリュフスライサー:7,200円
  • 白トリュフトマトソース90g:3,780円
  • 黒トリュフディップ90g:3,780円
  • 白トリュフ醤油55ml:2,700円
  • 白トリュフバター50g:3,132円
  • 黒トリュフ塩:3,240円
  • ギフトラッピング・桐箱:1,300円
  • 全国送料:1,300円相当
8,432円程度お得

 

今回自分が買ったもの

サマートリュフ100g(桐箱・ミニトリュフスライサー付)」を注文しました。

トリュフってイタリアンのコースで料理の飾り程度に乗っているもしか食べたことないので、正直どんな味かよく知らなかったりします。。100gもあれば、本物のトリュフの味が理解できそうな気がする。

配送予定日は「2019年7月8日 – 2019年7月11日の間順次発送」だそうです。楽しみにしてます。

GILTCITYの期間限定15%OFFクーポンコード 6月27日(木)20時まで

ギルトシティ」での買い物がさらにお得になる15%OFFクーポンコード(最大割引額7,000円)を期間限定で配布中です。

期間:6月26日(水) 21:00 〜 6月27日(木) 20:59

クーポンコード:gct15

届いた商品の実物・写真

2019年7月10日(水)に届きました。

▼ギフト用桐箱にトリュフが収まっています

▼箱を開けたところ

▼ミニトリュフスライサー、ぜんぜんミニじゃないです。トリュフをスライスするのに十分な大きさがあります。

▼トリュフはガーゼに包まれています。匂いは・・・臭い!、木の根のような土臭い感じのにおいです。

▼ガーゼを解いて、トリュフのお出ましです。2個入ってました。付属の説明書には土やごみを落とす様書いてあったのでキッチンペーパーで拭いてみましたが特に汚れはありませんでした。カチカチに硬いので結構強めに拭いても大丈夫です。

▼早速スライス。何枚か試食してみました。
香り:キノコ系であるのは間違いないですが、なんとも例えようのない初めての香り。「芳醇な」はこういうのを言うのでしょうか。
食感:パルミジャーノチーズのようなハード系チーズを削ったような感じです。ぼそぼそ。触感自体はあまりよくないです。
味:味自体はほとんどありません、塩味も当然ながらありません。

▼ペペロンチーノ風のパスタにしていただきました。火を通すとさらにキノコ感の増す味わい

▼ステーキの上にも乗せてみました。

トリュフオイルの作り方

2個入っていたトリュフの内大きい方をパスタに使ったものの半分近くあまったので、香りが落ちる前にトリュフオイルをつくってみました。

▼残ったトリュフ

▼オリーブオイルに、岩塩を少量加えて、残ったトリュフを全部スライスして投入

▼弱火であたためる。かるく沸騰するまで待つと、トリュフの香りが一気に広がってきました。

▼煮沸消毒した瓶に詰めます。

 

▼できたオイルとトリュフ自体を早速をジャガイモ料理に

GILTを初めて利用する方には2,000円クーポンが貰える。

GILTグループで買い物が始めての方はこちらよりご登録すると、5,000円以上の買物に利用可能な2,000円オフの割引クーポンがもらえます。

GILT価格から更に割引になるので、かなりお得な額で買い物ができるようになります。

こんな記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

横浜に住む金融系ITエンジニア。 セール情報やキャンペーン情報など、お得な何かを見つけるのが好きですが、溢れるリリース情報を追っかけるのではなく法則性や特徴を捉え、まったり落ち着いて立ち回るのを理想としてます。 おかげ様でブログ「わんぺや」は2018年12月に44万PVを超えました