ドトールのブラックカードはいつでも10%還元の驚異のレアカード。入手方法はある。

ドトールブラックカード

ドトールのプリペイドカード兼ポイントカードである「ドトールバリューカード」には、公式ではあまり宣伝していない幻のレアカード「ブラックカード」(正式名:ドトールバリュー・ブラックカード)が存在します。

かつてドトール常連客のみに保有が許されたと噂されるブラックカードの特典・入手方法について解説します。

実物のドトールブラックカード【画像】

▼ブラックカードの表面です左側半分が黒の配色です。

ドトール ブラックカード

▼ブラックカードの裏面は普通のドトールバリューカードと変わりません

ドトール ブラックカード

▼普通のドトールバリューカード(下)とブラックカード(上)を並べたところ。単純に色の並びが違うだけなんですね。

ドトール ブラックカード

ブラックカードを持つメリット・特典内容

ドトールのバリューカードはチャージ時に通常5%還元、年間利用額に応じて最大10%還元となっています。一方、「ブラックカード」は利用額に関係無くはじめから10%のポイント還元で固定になります。

バリューカードのポイントの仕組み

ドトールバリューカードでは以下の2つの方法でポイントが貯まります。

カードへのチャージ時 2,000円以上のチャージ時に5〜10%(ランクアップで最大10%)ものポイントが貯まる
ドトール商品購入時 100円毎に1ポイント貯まる

ランクアップの仕組みは以下の通りです。

ランクと条件 チャージ時のポイント還元率
シルバーランク(最初の状態) 5%
ゴールドランク(年間利用額が2万円以上) 7%
プラチナランク(年間利用額が5万円以上) 10%

ランクは、9月16日から翌年9月15日までの1年間の合計購入金額でランクが決定します

ドトールの「ブラックカード」は、このランクが初めからプラチナランク固定(永年プラチナランク)でチャージ時はいつでも10%のポイント還元になります。

下の画像はWEBのマイドトールで残高の照会をしているところ。「ステータス」が”ブラック”と表示されます。カードの正式名称は「ドトールバリューブラックカード」

マイドトール

一度手にいてしまえば、年間5万円以上の利用がなくても「ブラック」のランク固定で、いつでもチャージ時10%還元です。

ブラックカードの入手方法→まだ手はある

バリューカードのサービスが本格スタートした2015年10月から半年ぐらいまでは、ドリンクチケットの利用者の切り替えや常連さん向けに特別優先販売券を配っており、この販売券と引き換えで購入ができましたが、この方法の発行は終了しています。

現在確認できる限りブラックカードの入手方法としては以下が存在しています。

【公式】「バリューくじ」キャンペーンのプレゼントで貰う

ドトールは年2回、8月と12月に「バリューくじ」キャンペーンを開催しており、400円の買い物毎に1枚くじが引け、当たるとドトールおよびエクセルシオールのドリンクやフードがもらえるというキャンペーンを開催しております。

2017年冬のバリューくじキャンペーンにて、「バリューくじ」のハズレ券に付いている応募券10枚を1口に「ブラックカード」が合計1,000名に抽選で当たるプレゼントを開始しました。以後、毎キャンペーンにて抽選で1,000名にブラックカードが手に入るチャンスが発生しています。

いままでは知る人ぞ知る的な存在のブラックカードが堂々とプレゼント対象として登場しています。

ドトールバリューくじ2017年冬

▼ハズレ券10枚。応募券を切り取ってハガキ(店舗に置いてある専用ハガキを利用するのも可能)で応募

ドトール バリューくじ

▼ブラックカードは2018年1月末ごろに当選者に発送されたようです。

ドトールのブラックカードが抽選で当たるチャンス「バリューくじキャンペーン」【2017年12月】

2017.12.03

【2018年8月】ドトールのブラックカードが当たるチャンス再び「夏のバリューくじキャンペーン」

2018.07.26

 

【非公式】ネットオークションを利用する

こちらは非公式での入手方法になりますが、個人売買でメルカリヤフオクで入手することができます。

ドトール メルカリ ブラックカード

メルカリで「ドトール ブラックカード」で検索した状態。7000円~10,000円程度で取引されている。

メルカリ」売買の履歴をみると、7,000円~10,000円前後で取引されている傾向にである事が分かります。

なお、気をつけていただきたいのは、

  • PIN番号のスクラッチ部分は未削りであること。写真にも見えていること
  • マイドトールに未登録であること(登録済みだと自分の名義では登録できなくなる)

この辺の説明がちゃんと説明されている物を選ぶようにしましょう。

なお、ドトール公式のアナウンスではバリューカードの譲渡は禁止されているため、トラブルがあっても自己責任と言うことになります。

 

▼【関連記事】ドトールバリュカード(ノーマル)についてのまとめ記事はこちら:

ドトールのプリペイドカードは還元率6%以上で超お得だった【ドトールバリューカード】

2017.11.19

こんな記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

横浜に住む金融系ITエンジニア。 セール情報やキャンペーン情報など、お得な何かを見つけるのが好きですが、溢れるリリース情報を追っかけるのではなく法則性や特徴を捉え、まったり落ち着いて立ち回るのを理想としてます。 おかげ様でブログ「わんぺや」は2018年12月に44万PVを超えました