【レビュー】ASUS ZenBook 13 OLED UX325EA|13インチ1.14Kg・有機EL・11世代Core i7・16GB RAM・1TBストレージ

2021年10月末、3年ほど愛用していたWindowsノートパソコン「Surface Laptop」がバッテリー膨張で本体が歪んでしまい、いつ動かなくなるか判らなくなってきたのでノートPCを新調してみました。

今回は台湾メーカーASUS製の「ASUS ZenBook 13 OLED UX325EA (UX325EA-KG409TS)」です。

購入理由・用途

今持っているSurfaceLaptopよりはスペックアップしたい。

現後機種:Surface Laptop(2018年モデル)

機種名 Microsoft Surface Laptop 13.5インチ (DAG-00107)
画面サイズ 13.5インチ
CPU 第7世代 インテルCore i5
メモリ 8GB
ストレージ SSD:256GB
生体認証 顔認証
付属ソフトウェア MicrosoftOffice 2016
タッチパネル 搭載
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
重量 1.252Kg
購入価格 158,540円

用途としては、家族3人でそれぞれ、WEB閲覧、Zoom/Skipeでの電話会議、MicrosoftWordおよびExcel編集、WordPressでのWEBページ作成、youtube視聴といった軽い作業メインのためCPUパワーには不満はなかったのですが3人同時利用なのでメモリ不足なのが若干不安を覚えてました。

また、Surfaceを使っててよかったと思える以下の3点は引き継ぎたいと思ってます。

  • 顔認証でログインできる
  • MicrosoftOfficeが使える
  • タッチバットが使いやすい

で、いま2021年の秋の時点ではSurfaceLaptopのバージョンが進んでSurfaceLaptop4が現行機種の様。CPUをCore i7、メモリ16GBにちょこっとアップグレードしたらどの程度か?と思ってたら 以外と高くて21万円越え・・

今のSurfaceLaptopより若干スペックアップして、しかもSurfaceより安価なものとして候補にあがったのがAsus ZenBook。

購入候補のスペック

購入予定機種:ASUS ZenBook 13 OLED UX325EA(2021年モデル)

機種名 ASUS ZenBook 13 OLED UX325EA(UX325EA-KG409TS)
画面サイズ 13.3インチ(OLED・有機EL)
CPU 第11世代 インテルCore i7
メモリ 16GB
ストレージ SSD:1TGB
生体認証 顔認証
付属ソフトウェア MicrosoftOffice 2019
タッチパネル 非搭載
無線LAN WiFi6に対応
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
重量 1.14Kg
購入価格 189,800円

CPUは2011年の夏時点では最新の第11世代のインテルのCoer i7、メモリ・ストレージともに1ランクアップ。そして珍しい有機ELパネル仕様とOffiece付属で18万円台。ちょっとエントリーモデルよりは高い予算になっちゃいましたが、長く愛用したいのでスペックアップを図りました。

ZenBookの外箱

▼ダンボールの中にアタッシュケース型の本体の外箱が入っています。

ASUS ZenBook 13 OLED UX325EA ダンボール

▼外箱、今時のノートPCの箱はほんと小さくて軽いですね。

▼外箱を開けたところ、ちょっとした演出があって、箱を開けると本体が下から押されて浮き上がるようになっています。

 

付属品

付属品はこれだけ。左から

  • USBイーサネットアダプター
  • USB Type-Cオーディオジャックアダプター
  • ACアダプター(USB Type-C) ハイレゾ対応のDAC内蔵

▼アダプターは65W。これより低いワット数のUSB Type-cのアダプターでも充電は可能ですが低速モードになってしまいます。

紙の付属類

保証書、説明書、MicrosoftOffice 2019のライセンスキーが書かれている紙が入っています。

本体外観

▼本体のビニールを解く前の状態。有機EL搭載を強く主張してますね。

▼天板は禅寺の庭のような、ASUSのロゴを中心とした同心円の模様が浮かんで見えます。

ASUS ZenBook 13 OLED UX325EA

 

側面の端子

▼左側面にはHDMI(フルサイズ)x1個、Thunderbolt 4 (Type-C)x2個

▼右側面には、microSDカードリーダーx1個、USB Type-A x1個

 

ディスプレイ

▼ディスプレイはグレア(光沢)タイプです。映り込みがきついかと思いましたが実際に映像が出るとOLED(有機EL)だけあってかなり明るく、映り込みはほとんど発生せず見づらいということはありません。

▼写真では画面の鮮やかさを表現できないですがかなり明るいです。
視野角も広め。Word、EXCEL、Wordpressなどの文字を読んだり書いたりする作業のときは輝度を6~7割ぐらいまで落とします。

液晶ディスプレイでは得られない、高コントラスト比や高い輝度での表現が可能なので、クリエイティブ系作業(イラスト、写真、動画などの編集・加工)に使う事も可能です。

 

キーボード・タッチパッド

▼surface laptopよりも質感のいいキーで一定の反発感を感じる押しやすいキー。タッチパッドはSurfacLaptopと使用感が変わらなかったので使いやすいです。

タッチパッドはmacbookも使っている自分としてはmacbookのタッチパッドがベストで使いやすいのですが、それと比べても遜色なし。macと併用しててほぼ違和感ないのですが、唯一違うと感じるのはパネルの押し込み時が重く感じます。

▼一番右の列の配置が独特でENTERキーより右に「Home」「PgUp」「PgDn」「End」 キーがあり、ENTERを押したつもりが誤入力してしまうケースがあります。この辺離れるかキー設定の変更で対処が必要。

ベンチマークスコア

▼Geekbench5

Geekbench5_zenbook

シングルコアのスコアは1518と中々のスコア。3年前に買ったCorei7 9700K(第9世代)のデスクトップPCのシングルスコア1200なので、あっさりと追い抜かしてるw。さすが第11世代。

 

使っていての所感

良い点

  • SurfaceLaptop同様に顔認証でログインできる。PCの前に座るだけでログインできるのはラク
  • アプリの起動(例えばExcel、Word)は明らかに早くなってる。CPU・メモリ・ストレージの容量ともにエントリー機よりもワンランク上の余裕
  • 本器だけでオフィス系ソフト、カメラ、マイクを備えているのでリモートワーク用の用途に最適
  • ディスプレイはグレア(光沢)仕様だけど映り込みはそれほど感じない

 

悪い点

  • キーボードの一番右の配列が独特、BackSpaceキーを押したつもりがHomeキーを誤って押してしまい慣れが必要
  • タッチパッドの押し込みが地味に重い。macbookのタッチパッドと使用感はかなり近いけどこの点だけ違和感

 

その他気づいた点

  • ディスプレイの解像度はFHD(1980×1080)、表示スケールの倍率が推奨値150%が初期状態だが、若干文字が大きく感じるのでスケールを125%に下げた

 

「あんしん保証プレミアム3年パックプレゼント」について

今回、ハロウィン時期のキャンペーンで、「あんしん保証プレミアム3年パックプレゼント」という通常1年の保証期間が3年に延長できる、14,800円程度のサービスプレゼントがついてきました。

購入した本体に自動的に適用されているのではなく、本体購入の1~2週間後に「あんしん保証プレミアム3年パックプレゼント」を有効化するコードが記載されたメールが別途送付されてきます。メールに指示された手続を行うことで保証期間が3年に延長されます。

メールを見逃さないよう気を付けましょう。メールタイトルはこんな感じでした
→「 【ASUS Store】あんしん保証プレミアム3年パックプレゼント コードのご送付

 

今回購入したノートPC

ASUS ZenBook 13 OLED UX325EA (UX325EA-KG409TS)」【ASUS Store

 

 

こんな記事も読まれています

コメントを残す