【2018年1月】米沢牛黄木(おおき) 精肉をお取り寄せしてみた【ギルトシティ】

2018年1月27日(土)、ギルトシティにて、米沢牛黄木(おおき)精肉が登場。すき焼用肉のお取り寄せをしてみたました。

取扱の商品

ギルトシティ米沢牛黄木

ギルトシティ米沢牛黄木

商品名:米沢牛すき焼き用 10,200円(税込)

内容詳細

ロース200g
モモ250g
黄木のすき焼きのたれ 360ml×1本
全国一律送料(運送会社・冷凍便)

大正12年創業。米沢で愛されて創業90余年の「米沢牛黄木」がGILT CITYに再び登場!

東北地方の厳しい気候が作ったと言われる上質の脂を持つ米沢牛。独特のうまみ、香りがあり、溶け出す温度が低く、口に入れた瞬間にとろける、ふわっとした食感。

「米沢牛黄木」では、代表取締役の黄木氏自らが足を運び、米沢の市場で枝肉を一頭丸ごと買い付け。大正12年より代々受け継がれてきた門外不出の目利きの技で、数ある米沢牛の中から更に一級品を見極めています。

米沢牛独特の深みのある味わいと、とろけるような柔らかな脂質、それに目利きのこだわりがプラスされることで、黄木の米沢牛はひと味旨味を加えています。

注文された商品は、同社の精肉製造チームで製造、発送。衛生管理、品質管理の徹底にこだわり、食品安全マネジメントシステムISO22000を取得しています。

今回はこの「米沢牛黄木」より。米沢牛の魅力を満喫できる3プランをご用意しました。

配送は、2018年2月1日−2018年2月10日の間の間順次発送(日付指定不可)

 

どの程度お得か?

米沢牛黄木は公式のオンラインショップがあります。すき焼きについては残念ながら同じ構成の商品が無いようですが、だいたい同じぐらいの価格で、お得度としてはそれほど変わり無いように見えます。

実際の品

2018年2月8日(木)に到着

割り下とお肉のセットです。

冷凍です。

こんな記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

ワンペアでしか上がれないから「わんぺ」と名付けられ早や20数年。横浜在住。 セール情報やキャンペーン情報など、お得な何かを見つけるのが好きですが、溢れるリリース情報を追っかけるのではなく法則性や特徴を捉え、まったり落ち着いて立ち回るのを理想としてます。 2017年11月時点で18万PVを超えました。ありがとうございます<(_ _)>