ディズニーデラックス(現ディズニープラス)を解約・退会する方法、解約タイミングの注意点

解約

ディズニーの動画見放題サービス「ディズニーデラックス(Disney DELUXE)」(2020年6月11日よりディズニープラスに移行)を解約する方法について、実際の画面の流れを解説します。

また、無料お試し期間や、契約・解約タイミングに関する注意点をご紹介しますので、ご利用時の参考になれば幸いです。

わたしが解約に至った経緯

2020年3月、新型コロナウィルスにより子供の学校が臨時休校になったのを機会に、ディズニーデラックスを契約しました。

それから3か月経って、だいたい見たい作品を見尽くして利用頻度が減ってきたこと。間もなく2020年6月11日に始まるディズニープラス(引き続き、ディズニーデラックスの契約料金内で利用可能とのこと)のサービス内容が拡充してから再度じっくり利用すればいいと考え、5月31日に解約することに決めました。

ディズニーデラックス解約の手順

1.My Docomoのページにアクセス

ディズニーデラックスの契約情報自体はドコモのサイト「My Docomo」上で行います。以下のURLに遷移してください。

https://www.nttdocomo.co.jp/mydocomo/

ディズニーデラックス解約01

 

2.dアカウントでログインします

ここではディズニーアカウントは使いません

ディズニーデラックス解約02

 

3.「ご契約内容の確認・変更」をクリック

Mydocomoにログインしたら、少し下の方に遷移すると現れる「ご契約内容の確認・変更」をクリックします

ディズニーデラックス解約03

 

4.契約内容の一覧から「Disney DELUXE」の項目を探す

契約内容の一覧が表示されますので、その中から「Disney DELUXE」の項目を探します。「コンテンツ使い放題サービス」のまとまりに居ます。

ディズニーデラックス解約04

 

▼Disney DELUXEの項目を見つけたら【解約】ボタンをクリックします

ディズニーデラックス解約05

 

5.【Disney DELUXEの注意事項】を確認する

「Disney DELUXEの注意事項」を読むためにリンクをクリックします。

ディズニーデラックス解約06

 

▼注意事項の文章を読んだら【閉じる】をクリック

ディズニーデラックス解約08

 

▼注意事項に同意を表すため【Diney DELUXEの注意事項に同意する】をチェックします。(同意のチェックは、解約に必須の行為です)

ディズニーデラックス解約09

 

▼下までスクロースさせて【次へ】ボタンをクリック

ディズニーデラックス解約10

 

6.「ご注意・ご確認事項」の画面内容を確認して【はい】をクリック

ディズニーデラックス解約11

 

7.「手続き内容確認」画面にて【手続きを完了する】ボタンをクリック

【注意!】この【手続きを完了する】ボタンを押すことで、解約が完了します

ディズニーデラックス解約12

 

▼「手続き完了」の画面が表示されます

ディズニーデラックス解約13

初回無料期間に関する注意点

初回無料期間中に解約した場合はどうなる?

初回無料期間中(31日以内)に退会した場合は、一切課金は発生しません。

 

初回無料期間が終了したらいつから課金される?

無料期間(31日間)終了日の翌日に、属する月の分が課金されます。

→例えば無料期間が6月7日に終了するとしたら、翌日6月8日に6月分として1か月分全額課金されます(日割り計算での課金は行いません)

以後は、毎月1日にその月の分が課金されます。

 

初回無料期間を有効に使うには、契約タイミングはいつがいい?

契約は月初1日目にするのが最も有利です。

→例えば、月末近い6月29日に契約すると、無料期間の終了日は31日後の7月29日なので、7月30日に7月分が課金されてしまいます。
つまり7月30日と7月31日のたった2日間で1か月分課金されます。

 

解約タイミングなどに関する注意点

解約手続きしたら、いつから使えなくなる?

解約手続きが完了したら即時で使えなくなります。

 

解約するならいつのタイミングがいい?

初回無料期間が過ぎて解約する場合は、月末最終日に解約すればギリギリまで会員資格を有効に利用できます。

ただし解約を忘れて月初1日目を迎えると、その時点で1か月分また課金されます。忘れないよう注意する必要があります。

 

こんな記事も読まれています

解約

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

横浜に住む金融系ITエンジニア。 セール情報やキャンペーン情報など、お得な何かを見つけるのが好きですが、溢れるリリース情報を追っかけるのではなく法則性や特徴を捉え、まったり落ち着いて立ち回るのを理想としてます。